しぜん授業

保育園、幼稚園、学校、社会教育施設、商業施設、イベントなどの場面で「しぜん授業」を実施しています。

​野外が中心ですが、「木のねんどのヘンテコ動物づくり」など、屋内のみで実施することもあります。

​​

s-5D3_6270.jpg

私の理想のあり方は、ただ共に過ごす人になることです。

多様な子どもたち・おとなたちのなかで、

私も一人の人として過ごし、

私自身が自然に触れ、遊び、調べ、作り、学んでいく。

すると、そばで過ごす子どもたちが、時に私に興味をもち、

近づき、感じ、関わり、自分のものにして(appropriation)

やがて脱線する。

直接関わっていない子にも、遊びや文化を伝承するように、
あるいは波紋が広がるように、何かが伝わっていく。

そんなあり方が、自然であり、理想です。​

だから、呼び方も「野島先生」よりは
「のじー」「のじーさん」の方がうれしいです。

実際には依頼してくださる方の想いや、

「授業」「ワークショップ」「自然観察会」などの枠組みに

沿って、子どもたちの日常の暮らしにつながることを
意識しながら内容を検討し、実施しています。

レギュラーとしては、NPO法人産の森学舎(フリースクール)で毎週、小学部と中学部を対象に実施しています。

そのほか野外フィールドワークを含むものとしては、糸島くらし×ここのき、木の葉モール橋本、かなたけの里公園、今宿野外活動センター、まもるーむ福岡、糸島市図書館、熊本サドベリースクール学び舎あとらぼ、警固公民館、つばめの杜ひろば(JR博多シティ)、糸島こよみ舎主催イベントなどで開催経験があります。

以下は、これまでに実践したことのある授業やワークショップのテーマ例です。野外の散策を伴うものがほとんどです。
​自然豊かな場所が多いですが、市街地で実施するおもしろさもあります。

小学生対象が多いですが、中学生、幼児、大人対象に実施することもあります。​

さがす・みつける

散策しながら

何かをみつける

​じっとみる

生きもの探し、冬越しする生き物、森の危険探し、うずまきを探そう、「まだ冬」と「もう春」、「めくって」見つける、池の生きもの、田んぼの生きもの(トンボとヤゴ)、カニ釣り、カニ探し、きのこ探し、かたつむり探し、テントウムシ探し、バッタ探し、虫の鳴き声、貝殻探し、海岸の漂着物、コケ、地衣類、双眼鏡を使う、アカガエルの卵、水生生物を調べる、春の七草、ツクシの観察、実と種、マイクロプラスチック、鉱物採集

​夜のコウモリたんけん

など

つくってたのしむ

自然の恵みを

​​たのしもう

ツバキの種の笛づくり、つるでかご編み、ジュズダマブレスレット作り、マラカス作り、

葉脈標本づくり、押し花づくり、草木染め、石磨き、葉っぱでちぎり絵、草笛

ツバキで油を絞る&川エビを炒めて食べる、海水から塩づくり、どんぐりコーヒーづくり、野草茶づくり、スベリヒユを食べよう、タンポポコーヒー作り

​など

想像をひろげる

自然の楽しみは

いろいろ

あっていい

木のねんどと自然素材でヘンテコ動物づくり

生きものボードゲーム作り

こびとはどこにいた?(マクロ写真の撮影場所を当てるゲーム)

写真詩づくり

ヘンテコ俳句づくり

ロックバランシング

石当てゲーム(石に名付けて、目隠しで名前を当てる)

など

じっくりきく、よむ

たまにはじっくり

話をしてみる

カタツムリ講座、コウモリ講座、身近な生きものの飼い方、論文を読んでみよう

植物色素の実験、ペーパークロマトグラフィー、煮干しの解剖、フィールドサイン講座

生きものの視覚、生態系、栄養、遺伝子とは、進化とは

​私の子ども時代

など