3月10日(土) | 小さな脱線研究所

【第2回脱線哲学ゼミ】生きものの世界から「生と死」を考える

脱線研究所の哲学する時間です。 生きものの世界から「愛」について考えた前回に続いて、今回のテーマは「生と死」 生きものにとって「生」とは?「死」とは? そして、ヒトにとって、自分にとっては?
受付停止
【第2回脱線哲学ゼミ】生きものの世界から「生と死」を考える

日時・場所

2018年3月10日 10:00 – 15:00
小さな脱線研究所

詳細

■内容

生物学における「生と死」とはどういうものか。生きものは生と死をどう認識しているのか。

そんな話から出発して、人にとっての「生と死」、あるいは自分にとっての「生と死」について考え、脱線哲学します。

■参加費

500円

■対象

おとな

■定員

7名

■備考

※12:30~13:30はお昼休憩となります。昼食をご持参ください。徒歩5分ほどのところにパン屋さんもあります。

■アクセス

場所の詳細は、申し込みをされた方にお知らせします。

受付停止